T-Trak NetworkT-Trak Network 別館> レイアウト (日本語訳)
 
目次/リンク
ご案内: [別館 トップページ]  [公開運転会情報]  [English Page]   
T-TRAK 記事: [規格とは何か?路面モジュールとT-TRAKのパラレルストーリー]  [路面モジュール規格とT-TRAKモジュール規格は同じもの?]  [T-TRAK規格へのよくある質問] 
  [A4パネルを利用したT-TRAKモジュール作成方法]     
T-TRAK 日本語訳: [T-TRAKの概要]  [T-TRAKの歴史]  [T-TRAK標準規格]  [T-TRAKモジュールの基本]  [T-TRAKレイアウト]   
T-TRAK 原文: [www.T-TRAK.org. Home]  [T-TRAK History]  [T-TRAK Standards]  [T-TRAK Modules]  [T-TRAK Layouts]  [T-TRAK Links] 
路面モジュール: [T-Trak Network トップページ]  [路面モジュールの規格と特徴]  [路面モジュール規格 Ver.2.0]   
リンク: [T-Trak Network facebook]  [T-Trak Tokyo Project facebook]  [KATO T-TRAK CONTEST] 
  [ART FACTORY 城南島 鉄道模型モジュール LAYOUTAWARD]  [Group9 KANSAI]   


T-TRAKレイアウト (日本語訳)

原文 http://ttrak.org/layouts.html
2016/06/10 翻訳 T-Trak Network 路面モジュール連絡会 小熊 寛

T-TRAKレイアウト 見出し


楕円
L字
3エンドレス(3ループ)レイアウト

T-TRAKレイアウト 本文

単純な円から大きく複雑なものまでを、T-TRAKレイアウトで作ることができます。 たいていのレイアウトは複数の楕円で構成されていますが、 T-TRAKモジュールを使って、ポイント・トゥ・ポイント形式で列車を走らせることも可能です。 このページでは、段階的にモジュールを追加しながら、いくつかのレイアウトを扱います。 話を戻します。最も単純なレイアウトは、円で構成されています。 これは右図のように、4つの90°曲線モジュールか、二つの180°エンドキャップ: end cap、 あるいは、一つのエンドキャップと2つの90°曲線モジュールで作成できます。 少なくとも、一つの曲線モジュールには、 ユニトラック ターミナルユニジョイナー(かユニトラックフィーダー線路)、 あるいは他の代用方法での両方の線路へ給電するしくみ(フィーダー)が必要です。


訳者注:http://ttrak.org/より

前述の円レイアウトに標準直線:Single モジュールを追加すると、わずかに3フィート長い小さな楕円(レイアウト)になります。                                                     


訳者注:http://ttrak.org/より

前述の小さな楕円レイアウトの一方に二枚組:Double モジュールを追加しました。標準直線:Single モジュールの一つが手前に移動していることに着目してください。


訳者注:http://ttrak.org/より

当然のことながら、各側に標準直線:Single モジュール2枚を追加することで、レイアウトの拡大し続けることができます。 右図では、レイアウトは二枚組:Double モジュールと2枚の標準直線:Single モジュールを追加して拡張しました。 二枚組モジュールは、標準直線:Single モジュール2枚でもよいです。 このレイアウトの長さは、6フィート以上です。 標準直線モジュール6-8枚毎に給電点(フィーダー)を接続するのが一番良い方法です。 元々の曲線モジュールの一つに給電点(フィーダー)があったとすると、 このレイアウトでは、反対側の曲線モジュールにも給電点(フィーダー)があったほうが良い、ということになります。


訳者注:http://ttrak.org/より

前述のレイアウトに90°曲線モジュールと内回り曲線モジュールを追加すると、L形レイアウトが組み立てられます。                                                     


訳者注:http://ttrak.org/より

L形レイアウト以外の拡張方式です。 (二つ前の)6フィートレイアウトに二つのT字型接合モジュールを組むと3つのエンドレス(ループ): 二つの内側エンドレス(ループ)と一つの外側エンドレス(ループ)ができます。


訳者注:http://ttrak.org/より

最後に、今までお話したすべてのモジュールを追加すると、L字型で3エンドレス(のレイアウト)を作成できます。 これらのささやかなモジュールでも他の配置ができますが、その実演は読者の皆様にお願いします。 追加のレイアウト設計は、推奨リンクページのサイトをクリックしてご覧ください。


訳者注:http://ttrak.org/より




注意事項 : 訳文の著作権は、小熊が有します。 日本語らしい表現にするほど原文との対比が難しくなり、どれだけ正確な訳文かがわかりにくくなりますので、読みにくいのを承知の上で、直訳しています。 このページのご紹介や転記はいっこうにかまいませんが、相手に誤解を生むような意図的な一部抜粋や改変は、 T-TRAKモジュールの正常な理解と普及を妨げるもとになりますのでやめてください。 転記とこのページに差異があった場合は、このページが正です。また、訳文と原文に差があると考えられる場合、原文のhttp://ttrak.org/layouts.htmlが正です。

inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system